トリペディア 

トリペディア音楽館 〜ユーロビート編


 

簡単にできる、音楽紹介のコーナー

最近、ユーロビートの話をしていて思い出しました!

結構なヘビーリスナーだったので、いろいろと思い出し懐かしい気持ちになったので

今回はユーロビートをピックアップしましょう

 

 

Virginelle - Shake My Hand

 

 

エイベックスのスーパーユーロビートシリーズ

初めて買ったのはvol.46でした

これがまた良いミックスでして、以来聞き続けました

リクエストカウントダウンミックスには、ハガキてちゃんとリクエストしていましたね(笑)

この曲は大好きな歌手、ヴァージネリーの曲

他にもたくさん、ヴァージネリーの曲を好んで聴いていました

 

 

Roxanne - Money Money Money (Non-Stop Mega Mix) SEB - 056

 

 

これはvol.56ですね!

SEBシリーズはジャケットがオシャレで、とても好きでした

ハウスレボリューションもジャケットがオシャレでした

月1作のペースでそれぞれリリースしていたので、当時、中学生だったのでとても買えませんでした。

レンタルで録音していましたね

大人になった今、こうしてYouTubeで聞いたり、安い中古を集めたり

当時のことを思い出しながら聞いています

 

TOUCH ME TOUCH ME / NORMA SHEFFIELD

 

 

こちらは、KinKi Kidsがカバーしたこともある曲

ユーロビートは日本人にとっても聞いていて心地よいメロディーの曲が多いですね

たくさんの日本人歌手にカバーされてきました

こんな感じのユーロの曲を「哀愁系」と言います

 

LUCKY LUCKY / VIRGINELLE

 

この曲もKinKi Kidsがカバーしたことあります

これもまた、よく聞いた曲、哀愁系の曲です

ややbpmが遅いバージョンですが

ノンストップミックスに収録されている方が音も強くてカッコいいですよ

 

SEASON (LOVING NOW) / KING & QUEEN

 

 

こちらも、言わずと知れたカーバー曲

try me の方が有名かもしれませんが、こちらをピックアップ!

本当に、たくさんの日本人歌手にカバーされてきましたね!

 

 

やはり、ノンストップミックスに収録されている方がカッコいいんです

今なら、安い中古がたくさん販売されていると思うので、ぜひ集めてみてください

僕も、中古屋でたまに見かけると、思わず買ってしまいます

 

人気がピークに達したvol.110以降からジャケットにオシャレ感がなくなってしまったのですが

190前後から、初期のオシャレカッコいい感じが戻ってきたようです

パラパラブーム以降、妙に人気が出て、聞く気もやや失せてしまい

その後も、パチ屋音楽やギャル音楽に成り下がってしまった感があり

しばらく遠ざかってしまっていましたが、最近、MAOTYとユーロの話になり

また、聞き直しています

 

皆さんも、ユーロビート

ぜひ聞いてみてくださいね

 

あわせて読みたい関連記事:

-トリペディア 

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes