トリペディア 

トリペディア 〜 一人行動の最高峰、一人ウエスタンに挑戦してみよう!

2016/09/30


83d04aeb

 

 

1人行動

 

自分は基本的には一人で行動する事が多いです

一人で食事をしに行ったり、一人で買い物に行ったり、一人でレジャーしたり

もちろん、複数人行動もしますが

なぜか、気づくと1人行動をしているというケースが多いです

友人と騒ぐこともあり、特段、複数人行動が苦手、嫌いというわけでもないのですが、フラッと家を出て、そのまま一人でウロウロすることが多いです

「コミュニケーション能力が欠如しているのでは?」

と言われたこともありましたが

このコミュニケーション能力という言葉が大嫌いです

コミュニケーションなのかコミニュケーションなのかもわからない、この曖昧なコトバ

学生時代の就職活動なんかで、よく耳にしますが

「アイツ、、、コミュニケーション能力ないよな〜」なんてグチを言う方がコミュニケーション能力が無いのであって

コミュニケーション能力が高ければ、どんな人とでも、気質に難のある人とでも

ストレスを感じる事なくつき合えることができるはず

この定義もよくわからない妙なコトバ、能力が各企業の人事に影響しているなんて、本当にバカバカしいですね☆

 

というわけで

 

個人的には1人行動を問題なくこなすことができることについて、とても良い事だと思っています

もちろん、出来ないより、出来るほうが良いに決まっているわけではありますがね

 

以前、友人に「お祭りに行こう!」と誘われた事があったのですが

その日は家でやりたいことがあったので、行けないと断りました

数日後、その友人に会い、「お祭りどうだった?」と尋ねると

「一緒に行く人がいなかったので、お祭りには行けなかった。。。」とのことでした

とても、もったいないコトだと思いました

一緒に行く人がいなかったために、行きたい所に行けなかった

やりたい事ができなかった

女性ならともかく、男性でコレはもったいないでしょう

 

あえて一人行動することもある自分にとっては信じられないくらいのコトです

 

そこで、今回は1人行動の上級編と言われている

 

一人ウエスタン攻略法を紹介したいと思います

 

この方法はボクが、まだ一人行動を恥ずかしいと思っていた頃の方法です

効果があるかどうかはわかりませんが

初めて一人ウエスタンに挑戦するにあたって、気休め程度にはナルと思います

 

手書きで雑ですが、まず、図1を参照してください

 

図1

4983250344299-line

 

まずは、ポジショニングが重要

案内される時に、なるべく壁に面した席を希望します。

そして、通常通り肉や寿司などを食べます

ここで最重要ポイント

B側にもお惣菜や肉、肉のタレ等を先に置いておきます

そして、15分程食べたら、A側からB側に移動して食べます

そこで、図2をご参照ください

 

図2

4983250285618-line

 

 

B側に移動することにより、最初に食べていた焼き肉のタレやお惣菜等の皿が先に食べていたテーブル側に残ります

よって、ここに架空の人物Bが現れます

 

つまり、架空の人物Bは、肉やお惣菜などを取りに行っているため空席なのであると思われるのです

 

さらに、15分程度食べたら、またA側に戻ります

それにより、次はB側に座っていた人が肉やお惣菜を取りに行っていると思われるでしょう

壁側の席を希望し、陣取ることでA側で正面から見られてもB側では後ろ姿しか見られないので

あんなガヤガヤした店内では気づかれるリスクも大きくないでしょう

 

 

ここで!!!!!

 

二人で来たが、どちらか一方が肉やお惣菜を取りに行っていると思わせるトリックが完成しました!!!!

 

 

 

ウエスタンに限らず、バイキング全般に応用できるテクニックなので是非参考にしてみてください

 

 

えっ?

 

本当にこんなコトで効果があるのかって?

 

 

 

 

気休め程度です(笑)

 

 

 

今ではボクは堂々と、どっしりと構えて肉を食しますよ?(笑)

 

 

 

清原よりは社会的にエライでしょう

 

 

 

 

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-09-29-19-48-04%ef%bc%89

 

 

 

 

 

あわせて読みたい関連記事:

-トリペディア 

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes