トリペディア 

トリペディア 〜 元気が出る動画〜プロレス編

2017/10/20


 

 

本日、一月八日

釧路市、釧路町は成人式だったようですね

 

なにかとお騒がせなこの「行事」

成人したことを祝う日ということで、まあ祝日でしょうが

「国民の祝日に関する法律」で日本国が定める「祝日」である意味も必要も無い気も

個人的には感じています

街をあるけば、チンピラ風、ホスト風、飲み屋のおねっちゃん風の「新成人」だらけですね

 

えっ? アンタはちゃんとした成人なのかって?

 

 

というわけで、元気が出る動画特集プロレス編

 

ざっと上げて行きます!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

&nbsp


 

 

 

いやぁ  元気が出ますねぇ!!僕は本当に落ち込んだ時は、これらの動画を見ます

本当に、元気をもらえます

 

 

続いては

真鍋アナと大仁田のやり取り

リアルタイムで真剣に見入ってましたが、今見ると、当時とは違った面白さがありますね

もっとあるのですが、探しきれませんでした

「グレート・ニタ」降臨!!!

 

 

 

グレート・ムタの亜種なのですが、狂神ライガーという亜種もいます

もっと言えば、ムタもグレート・カブキの亜種なんでしょうね

カブキの息子というギミックだったはずです

 

 

この試合には熱狂しました!!!!

伝説の試合の一つでしょう

 

17分頃、ライガー(リバプールの風)のマスクが剥がされるのですが、そこからが見ものです

 

 

プロレスは、どんなに歳を重ねても

本当に面白いです

 

 

近年は、テレビでネタとされ始めてから、プロレスファンを名乗る者が増えて、ちょっとイヤですね

そういう人たちってプロレスを面白おかしいショーとして、ハナっから見ているようで

真剣に見ていたファンにとっては、とてもイヤです

昔から広島カープを応援していた人が、近年、テレビの影響で増えたファンを良く思っていないのと似ているのかもしれません

プロレスを真剣に見ていた人にしかわからない

プロレスのかっこよさ、面白さは、近年になって見始めた人には分からないでしょう

まあ、これを言っちゃ反則なんですがね

ボクより昔からプロレスファンやっている人もたくさんいるわけですし

最近は「プ女子」なる女性プロレスファンも増えて来たようです

彼女たちは、真剣にプロレスを見て、真剣に選手を応援してくれているようで、とても嬉しいですね

 

 

 

最後に、入場シーンを

 

 

 

最高のプロレスラーは入場のオーラが凄すぎます!!!

この試合の入場シーンは本当に泣きました

この試合で泣いたファンは多いと思います

入場シーンだけで泣けます

 

 

三沢がノアを背負い、三銃士の一角、蝶野と交える

三十分じゃ足りん

無制限でやってほしかった

 

 

今や、夢と終わってしまった 四天王 対 三銃士

 

 

夢で終わったからこそ、ロマンがあるのかもしれませんが

やはり、もっと見たかった!!!!!

 

 

 

 

 

 

先にあげた、大仁田も最高のレスラーです

蝶野戦の入場シーンは、彼のプロレスラーとしてのオーラがプンプン出ています

観客からゴミが投げつけられる中の入場は、まさに「邪道」

最高の入場でした

観客もわかってる人が多いので、ゴミ投げという最高の演出で入場を迎えます

FMWファンもたくさんいて、最高の入場でした!!

 

それにしても、蝶野は新日が苦しい時に本当に頑張った

全日派ながら、本当にそう思います

プロレスを守った男の一人でしょう

 

 

 

皆さんも、プロレスを真剣に見てみてください

 

 

 

そこから、面白さが産まれてくるのです

 

 

 

 

 

 

 

いやー

 

見ました?紅白

 

ダラダラ感、スベリ感が出ていましたねーーーー

 

ゴジラのくだりとか、ゴジラファンとして

見ていて恥ずかしかった!!

 

おまけに、緊急ニュース風の演出では

それを見た、ウチの母が一瞬、「えーーーっ」っと本気で驚いたようで笑いました!

ゴジラが渋谷に向かって来たとか本気にする人もいるんだなあ

 

おばはん特有の天然ボケってありますよね

野球中継で、、、

アナウンサー「それでは五回裏の巨人の攻撃を振り返ってみましょう」

っていうのに、そのリプレイを見て

「あーーっ坂本またタイムリー打った!すごいわーー!」

ウチの母をはじめ、スポーツファンのオバはんによくありますね

 

また、母親にテレビ番組の録画を頼んでも、成功している確率は推定23%くらいでしょう

今でこそ、簡単に録画予約等できますが、昔はビデオカセットでしたから

「ツメが折れているビデオを入れていた」とか「3倍ではなく標準録画したもんだから、尺がたりなくなり、途中で切れていた」

まともに録画できていたケースの方が少なかったですね

 

地デジ化以降は録画の画質もリアルタイムの画質と変わりがなく、録画見てるのかリアルタイム放送みてるのか分かんない時ありますね

リアルタイム放送を見ている時も、思わずCM時は早送りしてしまうコトが多々あります

 

 

もっと言えば、昔はチャンネルによって画質が違ったので、画質でどこの局チャンネルを見ているかが、わかったのですが

最近は、どの局チャンネルを見ているのか、わかんないですね

昨年、ヒットしたドラマ「恋恥」もTBS系だったと12月の末に分かりました

「ウチ、Uの映りよくないんだわ〜」とか、そんな会話なくなりましたね

 

 

話を紅白に戻しましょう!!!

 

 

 

 

 

最後の結果も「?」でしたね

 

視聴者ポイントは、白が赤の倍ちかく獲得していたので、最終的な結果には「?」でした

 

自分以外にもそう思った人も多かったようですが、後で調べたら

あくまで視聴者部門で白が勝ったというだけですもんね

「一票の格差」がヒドいじゃねーか!!!と怒っていた人もいたようですが

 

俺ら庶民と、カワイイ☆ガッキーの一票の価値が同じわけないだろ

 

 

 

 

ガッキーと同等に扱えとか、おこがましいにも程があるわ

 

 

 

 

 

 

ガッキー可愛かったよ♥!!!

 

 

 

 

ミニ恋ダンスも可愛かったよ♥

 

 

 

 

 

 

ガッキー可愛い♥

 

 

 

 

今回の記事で、ボクが言いたかったコトは

 

 

 

 

 

ガッキーは可愛い♥!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

あわせて読みたい関連記事:

-トリペディア 

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes