トリペディア 

遅れてきた青春コラム~鳥なく歌~第三回 プロレスに敬意を


プロレス・格闘技・武道が大好きだ

週刊誌を読み込み

図書館で資料をあさり

試合を見て

もう大好き

自分でも多趣味だと思うが

プロレス・格闘技・武道は自分を構成する、最も重要な一要素である

プロレスは全日派

もちろん、新日やU系、女子、各インディーズも見てきた

プロレスラーの激しい闘いに大興奮していた

プロレスラーの格好良さに酔いしれていた

しかし!

近年、プロレスラーがお笑い芸人を中心に「笑いのネタ」にされることが多くなった

ネタ元は主に、ケンドーコバヤシ、くりぃむしちゅー有田といったところか?

二人とも大のプロレスファンだ

それは理解している

知識も豊富で、プロレスファンとして尊敬することもある

しかし、あまりにも、面白おかしく

もっと言えば

バカにしているような?

自分は彼らがそんな扱をすることをとても残念に、悔しく思っている

四天王、三銃士 の後を継ぐような

華やかなレスラーがなかなか生まれず

衰退しつつある日本のプロレス

二人とも、そんな状況を憂い

お笑い番組で「ネタ」として扱うことで盛り上げたい!

そんな想いもあるのかもしれない(予想)

しかし、あまりにもヒドイと思ってしまう事も、個人的にはかなりある

最近じゃ天龍や長州の滑舌の悪さを小馬鹿にするような扱いがよく見られる

天龍も長州も最高のレスラーだ

そんな名レスラーに敬意をもう少し持って欲しい

自分の周りにも、これら「プロレスネタ」からやんわりとプロレスをかじった人も数人いる

そんな彼らは、ハナっから

「プロレスってコントみたい」

なーんて感覚で見始めてるもんだから

試合にコントのような面白さしかもとめていない人が多い

もちろん、後から見てやりとりが面白く感じることもある

しかし、少なくとも自分はそんなやりとりも真剣に、興奮して観戦していた

プロレスファンなら、そのように見ていた人が多いだろう

いや、間違いなく確実に多い

最近では中邑、棚橋あたりが、独自のキャラと強さ、華やかさで頑張っている

なんとかプロレスの勢いを盛り返そうと頑張ってくれている

そんな彼らの頑張りの足を引っ張るような結果になってしまているような気がしてならない

プロレスお笑いネタから入るプロレスファンもいるのだろうけど

やはり、プロレスの格好良さをもっともっと感じてもらえるような

プロレスファンがプロレスを盛り上げるためにも

そりゃ〜プロレスに限らず、どんなことにもそれぞれ楽しみ方はあるし、理解しなければならない

でも、、、、やっぱり、、、、

プロレスをふざけて見ないで欲しい!!!!!!!!!!!!

あわせて読みたい関連記事:

-トリペディア 

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes